60周年記念コンサート

コンサート概要 


■指揮者 広上淳一氏
(2006/07シーズンは米国のコロンバス交響楽団音楽監督に就任。その先も、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管、ロンドン・モーツァルトプレーヤーズ、ミラノ・。ジュゼッペ・ヴェルディ響、ポーランド放送響、スロヴェニア・フィル等への客演が予定されている。)

■練習指揮者 大谷圭介氏
(練習指揮から男声のヴォイストレーナーまで担当。関西二期会所属)
■第二練習指揮者 日紫喜恵美氏
(大谷氏不在時の練習指揮者で、女声のヴォイストレーナーも担当。関西を代表するソプラノ)

■ソプラノソリスト 菅英三子氏(すがえみこ 日本を代表するソリスト)
■アルトソリスト  菅有美子氏 (かんゆみこ 日本を代表するソリスト)
■テノールソリスト 佐野成宏氏 (さのしげひろ 日本を代表するソリスト)
■バリトンソリスト キュウ・ウォン・ハン氏

■オーケストラ 京都市交響楽団
■会場 京都コンサートホール 大ホール

■合唱 CCD OBOGとその家族・友人およびCCD現役学生
■練習 関西(京都・大阪)、東京
 関西の練習スケジュールはこちら 
 関東の練習スケジュールはこちら

■楽譜(全音版) 申込者には市価1890円のところを1800円(送料込)で販売
■パート別練習用CD(オリジナル版) 申込者には500円(送料込)で販売

■参加費 2万円+チケット負担2万円
 チケット負担は近畿圏内社会人のみ
※演奏はCD化されキングレコードより全国販売されます。

60周年記念コンサート実行委員長挨拶

平成18年7月29日

同志社学生混声合唱団CCD60周年記念コンサート
ご参加のみなさまへ


CCD創立60周年記念コンサート
実行委員長 北川長一郎


さあ、いよいよ始まります

今年は思いのほか長かった梅雨もようやく明けようとしています。皆様いかがお過ごしでしょうか。
平素はCCDOBOG会の運営にご協力いただき、厚くお礼申し上げます。

さて、来年は私たちの同志社学生混声合唱団CCDが創立60周年を迎えます。それを記念してCCD創立60周年記念コンサートを企画しましたところ、総勢200名に近いたくさんの皆様にご参加の連絡をいただきました。特に東京地区で約60名の参加申込をいただき、DMC<東京>のご協力で東京練習も実施できることとなりました。

記念コンサート実行委員会一同、すばらしい演奏会への期待に今から胸が躍る思いです。
練習スケジュールが決まりました。関西は10月からいよいよスタートです。東京練習は12月スタートとなります。(東京練習の詳細は東京練習希望の方に追って連絡させていただきます)
楽譜と練習用CDを申込みいただきました皆様には送らせていただきましたので、パート等の間違いがないかご確認ください。

なお同封の振込み用紙で参加費20000円、楽譜代1800円、練習用CD代500円をできるだけ早くご送金いただきますようお願いします。
10月22日のスタート日には、懐かしい顔、いつもの顔、新しい顔が揃い、来年10月7日の本番にむけてご一緒に歌い始めましょう。


Comments